[PR]

 日本相撲協会は3日、十両・貴ノ富士(22)=本名・上山剛、栃木県出身、千賀ノ浦部屋=が付け人である序二段力士に暴力を振るったと明らかにした。有識者で作るコンプライアンス委員会で詳細を調査する。貴ノ富士は貴公俊(たかよしとし)のしこ名だった昨年春場所で、別の付け人を殴る事件を起こして出場停止処分を受けており、厳しい処分が検討される。

 協会によると貴ノ富士は8月31日、稽古後に風呂場で付け人に暴行した。目立った外傷はないというが、9月2日に付け人が部屋から姿を消したことで問題が発覚。3日、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が協会に申し出た。師匠の判断で貴ノ富士は謹慎し、8日から始まる秋場所には出場しない。

 協会は昨年10月、再発防止を目的に「暴力決別宣言」を策定したばかり。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「何度も研修会を開いている中で、大変遺憾だ。重く受け止めないといけない」と話した。