天皇、皇后両陛下は7日、「全国豊かな海づくり大会」に出席するため、羽田空港発の特別機で秋田県に到着した。

 同大会は天皇の定例地方行事の一つ。平成の際は2泊3日以上の日程が定着していたが、代替わり後の今回は、即位の礼に向けた行事がたて込み、療養中の皇后さまへの負担も考慮して1泊2日の日程となった。

 両陛下は7日午後、秋田市で動物愛護センターを視察した後、「海づくり大会」のレセプションなどに出席する。8日に同大会の式典と放流行事に臨み、夜に帰京する。

 「全国豊かな海づくり大会」は漁業振興や水産資源の保全などを目的に、1981年に始まり、上皇ご夫妻が皇太子ご夫妻時代から出席してきた。(中田絢子