[PR]

 岐阜市の私立高校の教室で3日午後、2年生の男子生徒(17)が意識を失った状態で見つかり、その後、死亡した問題で、男子生徒は、直前まで同級生とのトラブルについて聞き取りを受けていたことが、捜査関係者への取材でわかった。岐阜県警は、現場の状況などから男子生徒が自殺を図った可能性が高いとみて、捜査を進めている。

 捜査関係者によると、男子生徒は3日、授業中に同級生とトラブルになり、学校側から事情を聴かれていたという。学校によると、放課後の午後2時ごろから担任教師らが30分程度、話を聞き、その後、保護者への連絡や対応を協議するため席を外したという。

 男子生徒は午後3時半ごろ、学校関係者が声をかけて以降、午後5時半ごろに発見されるまで約2時間、1人だったとみられ、この間に自殺を図った可能性があるという。発見された際、男子生徒は首にカーテンのひもが巻き付いた状態だった。これまでに遺書などは見つかっていないという。

 男子生徒の死亡を受け、学校は4日午前、緊急の全校集会を開き、在校生に事情を説明したという。