皇室の重要事項を審議する皇室会議の皇族議員2人を選ぶ選挙が4日、皇居・宮殿であり、秋篠宮さまと常陸宮妃華子さまが再任された。予備議員には、三笠宮妃百合子さまと秋篠宮妃紀子さまが選ばれた。

 選挙は、天皇陛下と上皇さま以外で、成年皇族14人による互選で行われる。上皇后美智子さまは、退位後の上皇さまの意思を反映した投票という誤解を生まないために欠席した。任期は4年で、今月16日から2023年9月15日まで。

 皇室会議は、皇族男子の婚姻などを審議する。直近では、17年12月、当時の天皇陛下の退位日について、意見をとりまとめるために開かれた。構成員は10人で、衆・参両院の正副議長、内閣総理大臣、最高裁長官と判事、宮内庁長官、皇族2人。(長谷文)