[PR]

 眼光鋭く、似合いすぎるオールバックで客席を睥睨(へいげい)する。そうかと思えば、蠱惑(こわく)の音色で聴き手の心をわしづかみにする。北九州市文化大使でもあるNHK交響楽団第1コンサートマスター、篠崎史紀(ふみのり)さん(56)の演奏の神髄とは――。

 日本を代表するバイオリニストの一人で、N響の顔。音楽雑誌に連載したり、NHKの音楽番組でナビゲーターを務めたり、多方面に活躍する。見かけによらない軽妙なトークも絶品で、いまや唯一無二の立ち位置を確立している。

 生まれは北九州市。音楽教室を開いていた両親から、3歳で手ほどきを受け始めた。江藤俊哉氏らに師事し、15歳で全日本学生音楽コンクール全国第1位。英才教育の王道を邁進(まいしん)していたが、バイオリニストになる気などさらさらないような少年だった。

 ウルトラセブンに恋い焦がれ、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら