沖縄の入れ墨ハジチ「女性の誇り」 禁じられ消滅したが

有料記事私たちの沖縄考

伊藤和行
[PR]

 沖縄や奄美の女性たちはかつて、指や手の甲に「ハジチ」(針突)という入れ墨を入れていた。120年前に明治政府に禁止され次第に消滅した。独自の文化や歴史だったという観点から、ハジチを見直そうという声が上がり始めている。

 指先に向かって細長いやりのような模様が刻まれ、手の甲には黒い丸印が並ぶ。絵を手がける沖縄市のアーティスト吉山森花(もりか)さん(30)は2年前、左手にハジチを彫り、今年6月には右手にも入れた。「女性の誇りだったハジチ。祖先の気持ちを想像すると自分も誇らしくなり、沖縄に生まれてよかったと感じられた」と話す。

 ハジチを知ったのは、恩納村…

この記事は有料記事です。残り1453文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
私たちの沖縄考

私たちの沖縄考

沖縄のことは他人事ですか? いま考えたい私たちの沖縄とは。[記事一覧へ]