[PR]

 20年ほど前、のど自慢でチャンピオンになったことをきっかけにデビューしたアルゼンチン出身の演歌歌手がいる。だが、その後の歌手人生は山あり谷あり。CDが売れず、レコード会社から契約を打ち切られたこともあった。今、岐阜県羽島市に暮らし、「第二の『長良川艶歌(えんか)』」と言われる歌をヒットさせている。

 大城バネサさん(37)はアルゼンチンで生まれ育った。沖縄生まれの祖父母の影響で、子どもの頃から音楽が好きだった。

 「3歳のころ牧村三枝子さんの歌を歌っていたらしいです」。ふだんはスペイン語をしゃべっていて、日本語はよく分からなかったが、歌詞をアルファベットに直して無理やり覚えた。

 大学生だった2001年、アル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら