【動画】大雨で冠水した道路と、倒壊したアスパラガス農家のビニールハウス=農家提供
[PR]

 大雨から1週間が過ぎた4日、佐賀県内では住宅被害が3千棟を超えるなど、被害の全容が少しずつ明らかになってきた。被災地では生活を取り戻す復旧活動が続き、武雄市と大町町では全域に出ていた避難指示が解除された。

 県によると、住宅の被害は3171棟。佐賀市で591棟が新たに加わり、武雄市も387棟増えて1220棟になった。大町町は381棟で、さらに増える見込みだ。

 大規模な崩落が起きた大町町のボタ山は、県の調査で新たな崩落の危険はないと判明した。ふもとの5軒には「大雨警報が出た際に避難する」という条件が付いたが、住民は自宅に戻ることができた。

 4日は原田義昭環境相が来県し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら