[PR]

 競輪のレースで1着になるたび、北九州市内の幼稚園などに絵本を贈る競輪選手がいる。今夏はけがで2カ月レースに出られなかったが、絵本を贈りたい一心で乗り越え、見事に復活。今後も体が動く限り活動を続けていくつもりだ。

 小倉競輪(北九州市小倉北区)を拠点に走る別所英幸さん(39)。1999年に19歳でデビュー。競輪ではS級S、1、2班とA級1~3班の6段階にランクづけされるが、現在はA級1班。年間80~90回ほど走るうち、1着を10~20回とってきた。

 デビュー以来、大会に優勝するなどして賞金を得ると、ユニセフや国境なき医師団などの団体に寄付してきた。両親に「大金を手にしてもおごらないように」と言われていたからだ。

 しかし、次第に「お金を渡して…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら