[PR]

 来春の完成を目前に控えた国直轄事業の八ツ場(やんば)ダム。地元の群馬県長野原町はダム受け入れの代わりに、ダム湖を生かした観光に地域再生の活路を見いだすが、町内でもダムとの距離感で温度差がある。町全体の魅力を高めようと、官民で模索が続いている。

 長靴を逆さにしたような形の長野原町。北部は東西に吾妻川が流れ、谷あいに古い温泉街や集落が連なる。南部は浅間山北麓(ほくろく)に高原の開拓地が広がる。1889(明治22)年に町が誕生してから町域は変わっていないが、町の南北は景観だけでなく気質も異なるとされる。

 吾妻川をせき止める八ツ場ダム計画が1952(昭和27)年に浮上すると、北部はダム問題が半世紀を超す懸案に。長期化を背景に住民が転出し、かつて20軒ほどの旅館があった川原湯地区で今も営業している旅館は5軒だけになった。ただ、関越道と草津温泉を結ぶメインルート上にあり、林地区の道の駅「八ツ場ふるさと館」には昨年約44万7千人が訪れた。

 他方、南部の北軽井沢地区や応…

この記事は有料会員記事です。残り2052文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2052文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2052文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース