[PR]

 イタリアで開催された2年に一度の世界的な学生スポーツの祭典「第30回ユニバーシアード夏季大会」の女子サッカーに、山梨学院大4年の小山由梨奈さん(22)と3年の鈴木日奈子さん(21)が出場し、日本チームの銀メダル獲得に貢献した。2人とも国際大会は初めてだった。

 12カ国が参加した女子サッカーは7月2~12日、3チームごとの計4グループのリーグ戦を経て、各グループ上位2チームの計8チームが決勝ラウンドに進出。日本は準々決勝でカナダ、準決勝でロシアを破った。決勝では惜しくも北朝鮮に敗れた。

 入学前、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースの18歳以下のチームに所属した小山さんのポジションはフォワード。大会では、グループリーグ初戦のイタリア戦で先制点と追いつかれた後の決勝点を挙げ、2―1での勝利を引き寄せた。次戦の米国戦では後半に負傷交代した。

 「外国人はフィジカルが強く、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら