[PR]

 インドがロシアに急接近している。モディ首相はロシア極東ウラジオストクでの東方経済フォーラムに初参加。プーチン大統領と会談し、武器やエネルギー分野の協力深化で合意した。背景には、両国が共有する疑念や警戒がある。(ウラジオストク=奈良部健、石橋亮介)

 モディ氏は4日、プーチン氏と会談した後の共同発表で、「インドの首相として初めて極東を訪れた。インドとロシアの信頼に基づいた特別な友好関係は新たな高みに至った」と述べた。プーチン氏も「インドとロシアの関係は真に戦略的で、格別に優先的な性質を持っている」と応じた。

 発表によると、両国はロシア製兵器部品の共同生産のほか、ロシアの石油や天然ガスの生産、液化天然ガスのインド向け輸出の拡大に向けた協力などで合意。さらに、インド初の有人宇宙飛行計画に向けた訓練をロシアで行う宇宙協力や、ウラジオストクとインド南部チェンナイ港の間の海運活性化に取り組むことでも一致した。

 両氏はこの日、会談に先立って、ロシアの最新鋭砕氷船やLNGタンカーを建造する造船所を視察。2人はボートで約2時間かけて同所に向かい、「船上でひざ詰めで話ができた」(インド外務省)という。ロシア政府は大型船で石油や天然ガスをインドを含めた世界に輸出したい考えを持っており、プーチン氏はモディ氏に投資を呼びかけた。またそろって極東各地の文化や産業の展示会を訪れたり、夕食をともにしたりして蜜月ぶりをアピールした。

 両国を近づけたのは、それぞれ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら