[PR]

 日産自動車は3日、小型SUV(スポーツ用多目的車)の「ジューク」を9年ぶりに全面改良し、11月末に欧州市場に投入すると発表した。英国工場で生産する。国内で販売するかは明らかにしていない。業績が悪化している日産はモデル数を減らす方針で、仮に人気車種のジュークの国内販売が打ち切られた場合、販売店の不安が強まりそうだ。

 ジュークは2010年に欧州や日本で初代がデビュー。大型で角ばったSUVが多かった中、コンパクトで値段も手頃な小型SUVの市場を切り開いた。2代目となる新型も、丸の中にY字を入れた独特のフロントランプなど、「ブサカワイイ」と話題を集めた初代の路線を継承。高速道路の単一車線でハンドルやブレーキを自動で制御する機能や車載Wi―Fi(ワイファイ)など、先進機能も搭載した。

 カルロス・ゴーン前会長の退任後に業績が急速に悪化している日産は、22年度までに国内外のモデル数を18年度比で1割以上減らすリストラ策を進める。かつての人気車種の小型車「キューブ」も全面改良せずに12月に生産を終える。

 ある日産幹部は「縮小する国内市場にもはや『とがった』車の投入は難しい」と新型ジュークの国内市場への投入に否定的な見方を示した。日産の販売店関係者は「ともにかつての人気車種。先代からの乗り換えが見込めるので、出せば売れるはず」と指摘し、ジュークの国内販売打ち切りを懸念している。

 英国ではジョンソン首相が「合…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら