[PR]

 個人のプロフィルや支払い能力、購買履歴といったデータをもとに、その人がどれだけ信用できるのかを数値で示すとされる「信用スコア」。普及が進む中国では、スコアが高いと低金利で融資を受けられたり、お見合いで有利になったりするという。日本でも複数の企業が導入しようとしているが、個人の「格付け」が将来的に固定化されてしまうリスクも抱える。

中国、行政サービスにも

 「ゴマ信用の信用スコアはいくつ?」

 上海に住むコンサルタント会社代表の小松崎欽一さん(25)は最近、友人からよく尋ねられる。

 「ゴマ信用」は、中国で最も普及している信用スコアのサービスだ。IT大手アリババ集団が2015年に始めた。スマートフォンの決済が当たり前になっている中国でトップシェアの「アリペイ」と連携。身元情報や収入、ローンの有無などを入力すると、350~950点の間で数値が出る。

 スコアが高ければ、個人向け融資を低金利で受けられたり、ホテルの宿泊や自転車のレンタルで保証金を免除されたりする。最近は婚活サイトや履歴書で記入を求められることもある。

 ゴマ信用では、スコアが600を超えると良いとされ、小松崎さんも「600ちょっと」。ところが友人から「700以上は非常に良いという評価らしい」と聞くと、スコアが気になり始めた。

 スコアが伸びない理由として思…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら