[PR]

 抗議デモの本格化から約3カ月を経て、香港政府は4日、「逃亡犯条例」の完全撤回に応じた。だが、民主派は不十分だと反発している。なぜこのタイミングでの撤回となり、今後どうなるのか。2人の識者に聞いた。

遊川和郎氏(亜細亜大学アジア研究所長)

 「逃亡犯条例」改正案の撤回は、中国政府とすれば林鄭月娥長官に「助け舟」を出すギリギリのタイミングだったのだろうが、急場しのぎに過ぎない。

 林鄭氏が「選択肢があるなら辞任したい」と述べたことが海外メディアにより明らかにされた。しかし、林鄭氏を任命した中国政府が辞任を認めることは出来ない。

 市民による普通選挙の要求が一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら