[PR]

 ケーブルテレビ最大手のジュピターテレコム(JCOM)は4日、米動画配信大手のネットフリックスと業務提携すると発表した。この冬に投入する新たな専用チューナーにネットフリックスのアプリが組み込まれ、ケーブルテレビ経由でネットフリックスの映画やドラマを見られるようになる。料金は未定だが、JCOMを通じて契約すると特典を受けられることを検討している。

 専用のチューナーを通じて視聴すると、高精細な4Kや臨場感のある音響を楽しめる。JCOMの配信するドラマなども含め、膨大なコンテンツから手軽に音声で検索したり、視聴したりできるのも特徴だ。若年層を中心としたテレビ離れが進むなか、JCOMは提携で新規顧客の獲得を狙う。