[PR]

 東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が両親の虐待を受けて死亡したとされる事件の裁判員裁判で、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の第2回公判が4日、東京地裁であった。検察側は、結愛ちゃんが「ゆるしてください」などと自分で書いていたノートやメモの全容を明らかにした。

 「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」。ノートの切れ端に結愛ちゃんのひらがなが並ぶ。検察官はその写真を法廷のモニターに映し、内容を朗読し始めた。

 「これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか」

 「もうぜったいぜったいやらないからね」

 「あしたのあさは ぜったいや…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら