写真・図版

[PR]

 耳の聞こえが悪いことは、認知機能の低下に影響すると言われる。加齢によって難聴が進むケースのほか、まれに耳あかが詰まって聞こえなくなるケースも。耳のチェック、していますか?

 2017年、英医学誌ランセットに認知症とそのリスクについての論文が載った。認知症にかかわる要因のうち、避けうる最大のものが「難聴」だったという。耳の聞こえが悪くなることは認知能力の低下と関係が深いが、難聴の進行を食い止めることで、リスクを抑えることができるかもしれないことを示唆している。

 耳の聞こえが悪いとなぜ、認知機能の低下を招くのか。大きく二つの仮説がある。

 「カスケード仮説」はこうだ。耳から入ってきた音は鼓膜から聴覚の神経を通じて、脳で処理される。耳から入る音の「入力」が減ると、聴覚の神経の活動が低下。それが脳の神経にも影響し、認知機能の低下につながるというもの。

 もう一つは「認知負荷仮説」で、耳から入ってきた音の処理と、認知的な作業の負荷のバランスが変化するというもの。聴覚の負荷が大きくなると、その処理が重視されるため、認知的な作業に割く「資源」が少なくなってしまうという考え方だ。

 さらに、高齢者などでは耳あかのたまり過ぎによって、聞こえが悪くなっている人もいるという。

■耳あかを外に出す自浄作用…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら