[PR]

 名鉄百貨店の柴田浩社長(62)が朝日新聞の取材に応じ、名鉄名古屋駅の再開発で取り壊される本店(名古屋市中村区)について語った。

 名鉄名古屋駅の再開発では、名鉄百貨店本館など6棟のビルをまとめ、南北400メートルある1棟の高層ビルに建て替え、オフィスやホテル、商業施設が入る。抜群の集客力を誇る商業地域で、名鉄百貨店の存続が注目されている。

 「オーソドックスな百貨店が行き詰まっている。(名鉄百貨店も)時代に合わせた変化が必要で、今のままではだめだ」と柴田社長は危機感を強調。8月に立ち上げた経営戦略会議で、親会社の名古屋鉄道と店舗運営について議論を進めていくとした。新ビルの商業施設で、専門店など有力テナントを集め、賃料ビジネスを強化することなども含めて検討している模様だ。

 8月にはヤナゲン大垣本店(岐阜県大垣市)が閉店するなど地方百貨店は苦戦している。柴田社長は、不振が続く一宮店(愛知県一宮市)については、「地域の方から愛されてきた。将来は分からないが、今切り捨てることは考えていない」と述べた。(石塚大樹)

■高島屋が攻勢、競…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら