[PR]

 広島市はお好み焼き、酒どころの東広島市は酒だる――。広島カープのマスコット「カープ坊や」がバットを各地の名産品に持ち替え、スタンプになった。

 昨夏の西日本豪雨で客足が遠のいた観光客を呼び戻そうと、広島県がスタンプラリーを企画した。その名も「HIROSHIMA RED PASSPORT」。広島、山口両県の計30市町ごとにデザインされたカープ坊やのスタンプを集めると、応援グッズなどが当たる。12月25日まで。

 スタンプが設置されるのは、広島県の全23市町と、山口県の岩国市▽柳井市▽周防大島町▽和木町▽上関町▽田布施町▽平生町。対象となる道の駅や観光施設で税別500円以上の買い物や施設利用をすると、各市町のスタンプを押してもらえる。集めたスタンプの数に応じて、カープの応援グッズやレプリカユニホームなどが抽選で当たる。

 各市町のカープ坊やは、バットの代わりに各地の名産品を持っている。広島県では、広島市がお好み焼き。東広島市は日本酒のたる。呉市は公式ゆるキャラの「呉氏」。高校駅伝の強豪・世羅高校がある世羅町のカープ坊やはユニホーム姿で、戦国武将・毛利元就の居城があった安芸高田市では元就が説いたとされる「三矢(みつや)の訓(おしえ)」をモチーフに、武将の格好で三本の矢を持つ。山口県岩国市では名産のレンコンを持ち、観光名所の錦帯橋も描かれている。

 広島県によると、昨年度に県内を観光した人の数は前年度比6・9%減の6504万人で、7年ぶりに減少に転じた。そのうち県内在住の人は3550万人で、前年度より9・4%減った。昨年7月の西日本豪雨の影響で営業を休んだ観光施設が相次いだことなどが要因とみられるという。県の担当者は「カープ人気にあやかって、県内や近県の人にも周遊してもらい、観光客数の復活につなげたい」としている。

 問い合わせは事務局(082・222・2276)へ。(松島研人)