[PR]

 「異性愛者のためのパレード」が8月31日、米ボストンで開かれた。主催者は「性的少数者に反対する目的はない」と言う。これは表現の自由の範囲内なのだろうか。(ボストン=藤原学思)

 「ストレート(異性愛者)って素晴らしい」

 「普通であることを、再び普通にしよう」

 そんなメッセージを掲げた約150人が街を練り歩く。「トランプ 2020」という大統領再選を願うボードが載せられたトラックとともに。

 ずらりと並んだ警官とフェンスで仕切られた沿道には1千人超の市民が集まり、参加者に「レイシスト(差別主義者)!」と中指を立てる。悔しさで涙を流す女性もいる。一方で笑顔で親指を立て、賛意を示す男性もいる。

 1時間ほどのパレードが終わると衝突が起きた。若い男性が、トランプ氏の決めぜりふ「米国を再び偉大に」が書かれた赤いキャップをパレード参加者の頭から奪い、投げ捨てる。それに対して「くそ野郎!」。

 パレード主催団体と白人至上主…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら