[PR]

 静岡県の焼津市立総合病院が3月からMRI(磁気共鳴画像法)を使った「痛くない乳がん検診」を始め、好評だ。従来の乳房を機械でつぶすようにして検査する「マンモグラフィー」に苦手意識を持つ記者(52)が「痛くない」というフレーズに引かれて、体験受診してみた。

 検査はDWIBS法というMRIの撮影技術を使って胸部の断面を数百枚撮影し、黒く映る病変を見つけるもの。日本人に多い「乳腺が発達した乳房」(デンスブレスト)でも、がんを見つけやすく、触診やエコーに比べ死角が少ないのが特徴という。

 焼津市立総合病院は2年前からDWIBS法を使ったがん検診を始めており、開発した東海大の高原太郎教授のすすめで、公立病院で初めてこの乳がん検診を導入した。民間病院も含め、全国でまだ十数施設しか実施していない。

 生理周期や妊娠の有無などの基…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら