【動画】ほかほかで販売する「アチコーコー豆腐」=伊東聖撮影
[PR]

コラム南風

 沖縄では、豆腐ができたての温かいまま売られている。熱い、ほかほかの、という意味で「アチコーコー豆腐」という。スーパーでは、パンの焼き上がり時刻のように、あったかい豆腐が届く時刻が掲示されている。ただ、このアチコーコー豆腐、どんどん減っている。

 浦添(うらそえ)市のマックスバリュ伊祖店。「とうふのひろし屋」(那覇市)の糸数力也社長(45)が、売り場まで豆腐やゆし豆腐を運んで並べると、早速「2丁ちょうだい」と女性が手を伸ばした。「新鮮だし(パック入りより)こっちの方がおいしい」。その後も、袋ごしに手で触って温かさを確かめて買っていく姿が見られた。

 県豆腐油揚商工組合によると、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら