[PR]

 東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く双葉町は5日の町議会全員協議会で、同町両竹地区など「避難指示解除準備区域」で野菜の試験栽培を始め、来年3月の出荷制限解除をめざす方針を明らかにした。震災後初めての試みで、放射線モニタリング検査で国の基準値を下回ることを確認した後、県が制限の解除を国に申請する方針。

 町は2日、県や農地の保全管理組合と連携して、津波で浸水した同町両竹の休耕田3カ所(各200平方メートル)で、コマツナ、ホウレンソウ▽キャベツ▽ブロッコリー▽カブの4分類5品目を検査用に植えた。モニタリング検査は10月下旬~11月中旬の収穫時に2回実施。放射線量の測定数値に関わらず、検査用の野菜はすべて廃棄する。

 県内では原発事故で野菜の出荷・摂取が県内全域で制限されたが、制限が残るのは、帰還困難区域と双葉町内全域となっている。(床並浩一)