[PR]

 サクランボ収穫期の人手不足を改善しようと、山形県やJAなどが5日、山形市内で対策会議を開いた。収穫作業にあたる人の宿泊場所や園地までの交通手段の確保が課題に挙げられた。

 会議では、今年のJA無料職業紹介所を通じた雇用が、前年比4人増の193人で過去最高だったと報告された。シルバー人材センターからは328人が就業したという。

 収穫量が平年より少なかったこともあり、県のアンケートに「必要な雇用を確保できなかった」と答えた生産者は前年比16ポイント減の8%にとどまった。「作業の遅れで一部収穫できなかった」と答えた生産者も前年比18ポイント減の7%だった。

 一方、就業中の宿泊施設や、園…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら