[PR]

 第25回西関東吹奏楽コンクール(西関東吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が7日、前橋市のベイシア文化ホールで開幕する。7日は「小学生の部」と「中学校Aの部(50人以内)」、8日に「高校Aの部(55人以内)」と「大学の部」が行われる。群馬、新潟、埼玉、山梨の4県から選ばれた代表54団体が出場する。

 高崎市立塚沢中は3年連続の西関東吹奏楽コンクール出場。マーチングも昨年まで10年連続で「西関東」に出場中で、全国大会の常連でもある。

 コンクールを3日後に控えた放課後、音楽室には笑い声が響いていた。「(音符を)カルガモの親子みたいに(つなげて)」。顧問の柴田佳亮教諭(60)の指示はユーモアに富み、具体的。演奏中は真剣な顔つきの部員たちの頰にも、笑みがこぼれる。

 強さの秘密は「塚中サウンド」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース