【動画】京急脱線事故の車両内から脱出する乗客たち=乗客提供
[PR]

 「突然、激しく揺れた」「ブレーキ音の後に強い衝撃が」。横浜市神奈川区の京急本線で5日に発生した列車とトラックとの衝突事故。事故の瞬間の様子を乗客らが語った。

 青砥発三崎口行きの快特電車(8両編成)は5日午前11時40分ごろ、「神奈川新町第1踏切」で、トラックと衝突した。3両目に乗っていた会社員男性(25)は「突然、ドーンと音がして車体がガタガタと激しく揺れた」と振り返る。

 座席の端に座っていて、強い揺れで手すりに頭を打ち付けた。周囲の乗客も揺れで壁などにぶつかったり、転んだりしていたという。「何があったのか分からず、みんな動揺していた」。車内には、緊急停止を伝えるアナウンスが流れたという。

 数分後、近くの駅から駆けつけたとみられる駅員が、駅のホームに避難するよう誘導を始めた。外に出て先頭車両の方を見ると、黒煙があがっているのが見えた。線路上にミカンなどが散らばっていたという。

 7両目車両で座りながら携帯電話を眺めていたという女性(30)は「ブレーキ音がしたかと思うと、硬いものとぶつかったような大きな音とともに強い衝撃があった」と話した。

 事故のはずみで女性は隣の乗客に倒れ込み、立っていた乗客は転倒していた。急停止した車両の後方の一部は、神奈川新町駅のホームにかかっていた。数分後には駅員がドアを開け、「ガソリンに引火して爆発の恐れがある」と避難を指示した。乗客には高齢者も多く、手を取り合って避難した。「黒い煙で、鉄の焼けるようなひどい臭いが漂っていた。怖かった」と話した。(国米あなんだ)