[PR]

 宅配大手のヤマト運輸は10月1日から、個人向け宅配便を値上げする。消費税率の引き上げに伴う対応で、元払いで荷物を発送する際、電子マネーなどキャッシュレスで支払うと基本運賃に消費税10%分を上乗せして1円刻みとする。一方、現金の場合は消費税10%分を上乗せするが、1円単位を切り上げて10円刻みとするため、割高になる。

 例えば、東京都から愛知県に基本運賃840円の荷物を送る場合、キャッシュレスでは924円、現金では930円となる。窓口で1円単位のやり取りをするのは煩わしく、キャッシュレス化を進めるねらいから差をつけた。ただ、着払いの場合は発送時に料金を確定する必要があるため、キャッシュレスで払っても現金払いと同じ料金とする。

 佐川急便も消費税率分を引き上げる。変更後の料金は10月1日以降にホームページなどで公表する。(田中美保)