[PR]

 サッカー日本代表の前監督で、7月にタイ代表監督になった西野朗氏が5日、タイ代表を率いた初戦、バンコクでW杯予選に臨んだ。実力が拮抗(きっこう)するベトナム相手に0―0の引き分け。試合後、「ホームなので勝ちきりたかった。悔しい。ただ選手はタフにたたかってくれた」と話した。

 前任者が成績不振で更迭され、急きょ監督を任された西野氏。試合後の会見では「できる限りの準備をしてきた中で(勝って)勝ち点3という結果を求めた」と話した。前半、攻め込みながらもシュートに持っていけなかったことから、ハーフタイムには選手に、「積極的に、攻撃のスイッチが入るようなボールを入れていこう」と指示したという。

 W杯2次予選最大のライバルと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら