[PR]

 NHKの上田良一会長は5日の定例記者会見で、「NHKから国民を守る党」(N国)が現行のNHKの受信料制度や公共放送のあり方を否定する主張をしていることを念頭に、「受信料制度は視聴者国民の皆様に十分ご理解をいただく必要がある。NHKとして一丸となって対応していきたい」と述べた。

 7月の参院選後、上田会長が記者会見でN国について言及したのは初めて。N国が議席を獲得したことについては「選挙によって示された民意の一つと受け止める」とした。

 N国の立花孝志党首は受信料を全額は支払わないと公言しているが、今後の対応については、「個別の契約についての回答は控える」と説明するのみで、具体策は明らかにしなかった。