[PR]

 大和証券グループ本社とクレジットカード大手のクレディセゾンは5日、資本業務提携することに合意したと発表した。デジタル化で金融業界を取り巻く環境が急速に変化する中、両社はスマートフォンを使った決済や資産形成のサービスなどを共同で開発する。

 大和はセゾン株の5・01%(約100億円)を取得し、事業会社としては筆頭株主となる。セゾンも大和株を20億円(0・3%程度)を上限に取得する。両社は今後、富裕層向けクレジットカードの発行やスマートフォン決済のほか、現役世代を対象とした投資商品の開発、ネットで貸し手と借り手を結びつける「ソーシャルレンディング」など、新たな金融サービスを始める予定だ。

 大和は高齢者や富裕層、セゾン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら