[PR]

 東京都目黒区で昨年3月に船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が虐待死したとされる事件の裁判員裁判が5日、東京地裁であった。保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)は被告人質問で「結愛に謝り続けるしかない」と法廷で初めて謝罪の言葉を口にした。

 優里被告は弁護人の質問に「ごめんなさいという軽々しい言葉では許されないけど、それ以上の言葉が見つからない」と謝罪。夫の雄大被告(34)=同罪などで起訴=の結愛ちゃんへの暴力がエスカレートしていくなか、心理的に支配されていく過程を涙を見せながら語り始めた。

 香川県に住んでいた優里被告は、前の夫との間に生まれた結愛ちゃんを連れて2016年4月に雄大被告と再婚。「無知な私と違って幅広い知識を持っていた」とあこがれたが、すぐに態度は豹変(ひょうへん)したという。「行動から発言、性格まで、毎日怒られる。早くても1時間、長いと昼から夜まで続いた」。反論すれば「育児もろくにできないくせに」となじられた。

 雄大被告の結愛ちゃんへの暴行…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら