[PR]

 ジャ・ジャンクー監督の新作「帰れない二人」が東京、名古屋などで公開された(順次各地で)。今回も監督の妻のチャオ・タオが主演している。

 「プラットホーム」で2000年にデビューして以来、チャオはジャ監督の傑作群に毎回必ず主演し、数々の国際映画祭で栄誉を手にしてきた。

 そんな彼女が夫の最新作「帰れない二人」の脚本を読んだ時、「こういう映画を私は待っていた」と感情を高ぶらせたという。「とても力を持ったヒロインだと思いました。紙に書かれたこのキャラクターを、血の通った生身の人間にしなければと思いました」

 今回演じたのは、中国の黒社会をしたたかに生き抜いた女性チャオチャオだ。映画は2001年の山西省・大同に始まり、06年に長江流域の奉節から新疆ウイグル自治区へ、そして10年余りの時を経て、17年、舞台は再び大同に戻ってくる。

 アウトローの恋人ビンとの壮絶なラブストーリーでもある。羽振りの良かったビンがある日、ならず者たちに襲われる。彼をかばって銃を発砲し、服役する。出所すると、ビンは別の女のもとに走っていた。最後にビンは脳出血で半身不随になっている。

 「まるで大河小説を読んでいる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら