[PR]

 2977人が犠牲になった米同時多発テロから、18年。惨禍を伝える「9・11記念館」の副館長はその日を前に、74年前にグラウンド・ゼロとなった広島でインタビューに応じた。「9・11」と「8・6」を貫くものとは――。

NY9.11記念館副館長に聞く

 「ニューヨーク(NY)で私たちがやろうとしたことを、最初にしたのが広島の人たちなんです」

 京都で開催された国際博物館会議(ICOM〈アイコム〉)の世界大会。その一環で開かれた公開会議のため、広島を訪れた9・11記念館のクリフォード・チャニン副館長は、取材にこう語った。

 2001年9月11日、ハイジャックされた飛行機2機がNYの世界貿易センタービルのツインタワー部分に相次いで激突。直後から「この出来事を記憶しよう」という声が上がった。惨事をどう伝えるか。広島や長崎で積み重ねられた議論を踏まえ、9・11記念館は築かれたという。全面オープンは14年。「我々はまだ、『5歳』の若い博物館にすぎない」

 広島では直後の様子を撮影した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら