[PR]

 鉄道会社が、中小やベンチャー企業の支援に乗り出している。沿線で経営者を育てようとしたり、ベンチャーと協業したりする動きが相次ぐ。人口減少で鉄道事業の伸びが期待できないなか、主力以外の新たな事業を開発するねらいだ。

 大阪市の南海電気鉄道本社の会議室に8月末、若者たちの議論する声が響いた。参加したのは、沿線に住む34歳未満の後継ぎを中心とした計29人。家業を生かした新事業を立ち上げたいと考える「ベンチャーの卵」が、チームに分かれて3日間、収益が見込めそうな事業のアイデアを出し合った。

 南海が初めて企画したコンテストは、その名も「南海沿線アトツギソン」。チームで防災グッズや調理家電をつくる新事業などを紹介し、実際の経営者から厳しい指摘を受ける場面もあった。最終日の発表会は一般公開され、優秀チームが表彰された。

 子供用自転車の補助輪をつくる「安井製作所」(堺市)の3代目候補、竜田綾(りゅうた・あや)さん(29)はパートの仕事をしながら、家業を週3日ほど手伝っている。祖父、父と続く家業への愛着はあるものの、安い中国製品に押されて売り上げは減少。先行きが不安で、後を継ぐかどうかは決めかねていた。「家業を支えられるような新事業を考えたい」

 南海がコンテストを開いたのは…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら