[PR]

 鉄道写真家、中井精也さん(51)の作品には独特の世界観があり、鉄道ファン以外にも広く人気を博す。自身が生み出したジャンル「ゆる鉄」の世界から、素人でも上手にできる撮り方など、写真について熱く語ってもらいました。

 ――「ゆる鉄」とは、どんな写真を言うのですか?

 例えばローカル線に乗ったとき、どことなく「ゆるい」雰囲気や、「旅情」を感じますよね。そんな目に見えない空気もわかる写真を、「ゆる鉄」と呼んでいます。「旅情」って、目には見えないけどムンムン感じるときがあるでしょ。そんな空気をどうやって撮るか、試行錯誤していて、それが楽しいんです。

 ――中井さんの「ゆる鉄」の作…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら