[PR]

河久手羽先

 京都市中京区の木屋町通から鴨川に向かう東側の路地に入ると、真っ白でモダンな2階建ての建物がある。和洋折衷の料理を提供する割烹(かっぽう)「河久(かわひさ)」。昨年8月に開店50年を迎えた。その名物は割烹らしくない手羽先だ。

 カウンターのみ12席の小さな店から始まった。西陣の呉服屋や太秦の役者、花街の芸舞妓(げいまいこ)への仕出しが中心だった。20年ほど前に近くに移転し、席数を5倍に増やした。

 店名を冠し、4本で税込み880円の「河久手羽先」は開店当初からの人気メニューだ。2代目である現店主の浅見晶男さん(49)の父、初代店主の亘男(のぶお)さん(80)が生み出した。

 亘男さんは1964年、東京五…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも