[PR]

 自民党で参院幹部人事に注目が集まっている。実力者の参院幹事長が引退し、後継次第で一定の緊張を保ってきた首相官邸との関係が変わるからだ。安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正論議の行方にも関わるだけに、首相の側近が起用されるとの見方も出ている。

 7月の参院選で吉田博美・参院幹事長が引退した。かつて参院に君臨し、いまも影響力を持つ青木幹雄・元参院議員会長と気脈を通じる吉田氏が不在となったことで、参院自民では「権力の空白」が生じている。

 参院自民は長年、多数の議員を抱える竹下、細田、岸田の3派閥が主要ポストを分け合ってきた。だが、7月の参院選で岸田派の現職4人が落選。岸田、麻生両派の議員数が並び、このバランスが崩れた。

 参院選後、議長に麻生派の山東…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら