[PR]

 生後3カ月の長女を殺害したとして、新潟地検が6日、長岡市職員の母親を新潟地裁に起訴した。地検は、母親が2階から階段に3回にわたって落としたとした。事件前、母親は育児の悩みを周囲に話していたという。事件は避けられなかったのか。(中村建太、飯塚大和、谷瞳兒)

 起訴されたのは、長岡市末広2丁目の同市職員、伊藤法子容疑者(31)。起訴状や逮捕後の県警の発表によると、6月12日午前11時ごろ、自宅の2階廊下で、両手に抱えていた生後3カ月の長女光ちゃんを、1階に続く階段の上に3回落とし、脳挫傷など頭部損傷による外傷性ショックで殺害したとされる。

 地検は逮捕後、先月末まで鑑定留置を実施した。同日、地検は起訴とともに「精神鑑定の結果を踏まえて判断した」とするコメントを出した。

 市によると、伊藤容疑者は20…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら