[PR]

 10月1日の消費増税と複数税率導入を前に6日、静岡市葵区の静岡商工会議所で事業者向けの相談会があった。複数の税率に対応したレジのメーカーやキャッシュレス決済業者などがブースを出したほか、制度や必要な準備に関する説明会もあった。

 相談会のキャッシュレス決済を体験するコーナー。男性会社員(39)がスマホ画面に表示された決済サービスのQRコードを端末にかざすと、瞬く間に決済が完了した。「こんなに簡単なんだ」と驚いた様子。多様化するキャッシュレス決済を事業者に「使う側」になって体感してもらおうとコーナーを設け、この日は170人以上が訪れた。

 「最後の駆け込み大相談会」と銘打ったイベントを開いたのにはわけがある。同会議所が「レジ周りの三種の神器」とする▽複数税率に対応したレジ▽複数税率対応の会計システム▽最大5%の還元を受けられるキャッシュレス決済――の必要性の認識が小規模事業者間で広がっておらず、導入が進んでいないためだ。

 レジ関連会社5社、クレジット…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら