写真・図版

[PR]

患者を生きる・眠る「体内時計のずれ」(5:情報編)

 人は、24時間のサイクルに合わせて生活するため、睡眠と覚醒のリズムや、体温やホルモン分泌などを調節している。その調節をつかさどるのが体内時計だ。体内時計がはたらくことで、朝起きた後は活動に適した状態が続き、夜には体が休息の準備を始める。

 もともと、人の体内時計は24時間よりも少し長めにできており、後ろにずれやすい性質がある。

 多少のずれは毎日リセットされ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら