[PR]

 川崎市立橘小学校(川崎市高津区、児童数849人)で6日、児童や教師100人以上が下痢や嘔吐(おうと)の症状を訴えて学校を欠席し、同校は同日と9日を臨時休校とした。市は食中毒や感染症の可能性について調べている。

 市教育委員会によると、5日昼ごろ、給食の時間より前に、児童3人が嘔吐などの体調不良を訴えて早退。6日午前には、児童118人の保護者から、嘔吐や下痢の症状を理由に児童が欠席する連絡が入った。教師6人も同日、同様の症状を訴えて学校を休んだ。入院している児童や教師はいないという。