[PR]

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が虐待死したとされる事件の裁判員裁判が6日、東京地裁であった。保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)は、結愛ちゃんが両親に許しを請う言葉をノートにつづった原因について「夫婦で結愛を追い込んだとしか思えない」と述べた。

 結愛ちゃんは亡くなる直前にノートの切れ端に「もうおねがい ゆるしてください」などと書いていた。

 検察側によると、結愛ちゃんがノートなどに書き込んでいたのは優里被告への「手紙」だった。昨年1月に香川県から東京に転居する前から続いていたという。

 このころ、優里被告は結愛ちゃんと会話をしただけでも父親の雄大被告(34)から叱責(しっせき)され、結愛ちゃんも平仮名の勉強をしないと叱られていたという。雄大被告に勉強している姿勢を見せながら、2人でコミュニケーションを取る――。そのために選んだ手段が「手紙」だったという。

 検察官から「こんな手紙を書か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら