[PR]

 沖縄県大宜味村の辺土名高校で8月26日、雄の子ヤギが誕生した。飼育する環境科の教諭や生徒たちは突然の出産に驚きながらも、生後間もない白黒の子ヤギを囲んで「かわいい」と声を上げて喜んだ。

 26日午後3時ごろ、校舎にある屋上ビオトープ(動植物の生息空間)を訪れたサイエンス部3年の﨑濱幸多さんが、へその緒を付けた子ヤギを発見。午後2時ごろ誕生したと見られる。

 今帰仁から来た雌の島ヤギ「もも」と、今帰仁から来た雄でトカラヤギと島ヤギの雑種「一郎」から生まれた。最近「もも」のおなかが大きく妊娠の可能性を考えたが、草を食べる時もおなかが膨らむため確信はなかったという。

 ヤギの妊娠から出産までの期間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら