[PR]

 熊本城のそばにある熊本県立第一高校。生徒らが部活動に励むグラウンド隅の扉を開けると、一軒の平屋住宅が立っている。住んでいるのは深水裕二校長(57)。毎朝その扉からグラウンドを通って出勤する。

 この住宅は「校長公舎」。深水校長は「管理職の1人が学校の近くにいるのは危機管理の点で大切」と話しつつ、「いつでも生徒が家の前を通るのでほっとできません。住所が学校と全く同じなので、先日は通販で買った商品が学校に届いていて恥ずかしい思いをしました」と苦笑する。

 熊本県によると、県立学校(高…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら