[PR]

 楽天は6日、10月から予定した携帯電話事業について、当初半年間は利用者を5千人ほどに絞った無料サービスにすると発表した。全国でだれもが契約できる本格サービスは来春に遅れる見通しだ。低価格の楽天が算入すれば、大手3社にも料金競争が広がると期待されたが、10月から大きく低下する可能性は薄れた。

 東京23区・大阪市・名古屋市・神戸市在住の18歳以上が対象で、音声通話やデータ通信を無料とする。10月1~7日に募集し、応募が多い場合は抽選する。当面は限定的なサービスとして通信の安定性を確認し、本格参入遅れの原因になっている基地局整備を急ぐ。

 地方ではKDDI(au)の通信網を借りるが、東京・大阪・名古屋の3大都市圏で来年3月末までに3432局の基地局を自前でつくる計画だった。しかし、総務省によると基地局は600局に満たず、現時点で計画の2割未満。整備の遅れについて、同省から8月までに3回行政指導を受けた。遅れの理由について、楽天は基地局と中継局のネットワークをつなぐ作業に時間がかかったためと説明。今は解決済みという。

 現時点で本格参入は来春の見通しだが、三木谷浩史会長兼社長は「ネットワークの安定性を確認後、早急に申し込みを受け付ける。年内にも始められれば」と述べた。本格サービスの際は、2年契約が条件の「2年縛り」や違約金を設けない。料金の詳細は未公表だが、三木谷氏は「他社にはなかなかまねできない料金体系になる」と述べた。

■楽天の本格参入遅れ、寡占市場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら