[PR]

 韓国検察は6日深夜、文在寅(ムンジェイン)大統領が法相候補としている側近の曺国(チョグク)・前大統領府民情首席秘書官の妻チョン・ギョンシム韓国東洋大教授を私文書偽造の罪で在宅起訴した。聯合ニュースなどが報じた。検察は8月末に曺氏の家族らに関する強制捜査に着手しており、一連の不正疑惑で初の立件となる。

 文氏は7日以降に曺氏の法相任命を最終判断する方針を表明している。法相候補の妻が在宅起訴される事態を受け、政権に対する世論の反発は必至で、文氏は難しい判断を迫られる。

 韓国メディアによると、チョン…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら