[PR]

 3日夜に県北部で降った記録的な大雨から初めての週末を迎えた7日、被害が大きかった新見市に、県内外からボランティアが集まった。残暑の厳しい日差しが降り注ぐ中、復旧作業に汗を流した。

 市によると、市内では床上浸水36棟、床下浸水197棟(7日午後3時現在)などの被害が出た。

 特に被害が目立った西方地区では、住民らは土砂の搬出などに追われた。土砂が乾いて砂ぼこりが舞う中、ボランティアたちの多くはマスク着用で片付けを続けた。住宅の前には泥だらけになった家財道具が積まれ、流入した土砂に持ち上げられて傾いた車もあった。

 浸水被害を受けた千原志仁さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら