[PR]

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になったことに関する黒岩祐治・神奈川県知事の発言への批判が収まらない。「(自分なら)開催を認めない」とする一連の発言は、憲法が保障する表現の自由を脅かすとして、県内の40を超す市民団体などが撤回を求めている。(茂木克信)

 東京・永田町の衆院第2議員会館で6日、企画展の再開を求める市民集会があった。会場を視察後、実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事に「日本人の心を踏みにじるものだ」などと抗議して中止を求めた河村たかし名古屋市長。文化庁の補助金交付に関して「事実関係を確認、精査して適切に対応したい」と述べた菅義偉官房長官。それらと並び、黒岩知事の先月27日からの会見での発言も批判の的となった。

 志田陽子・武蔵野美術大教授は、焦点の作品の一つ、慰安婦を表現した韓国人作家の「平和の少女像」について「何ら違法ではない」と言及。「(黒岩知事は)自分の好みと、表現として許されるかどうかを混同している」とし、発言は表現の場としての県内の公共施設に「萎縮(いしゅく)を生じさせかねない」と異を唱えた。

 また、企画展の中止後、愛知県…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら