[PR]

 強い台風15号は7日夕、小笠原諸島に接近した。強い勢力を維持したまま8日夜から9日にかけて関東地方の沿岸に接近し、上陸する恐れがある。この台風は雲の範囲が比較的小さく、接近する地域で急に雨や風が強まるといい、気象庁は暴風や高波、土砂災害、河川の増水への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風15号は7日午後11時現在、父島の北北西約250キロを時速約30キロで北西へ進んでいる。中心気圧は960ヘクトパスカル、最大瞬間風速は60メートル。この影響で、8日から9日にかけて、東日本の太平洋側を中心に雷を伴った猛烈な雨の降るところがある見込み。

 9日午前0時までに予想される24時間雨量は、伊豆諸島で200ミリ、東海で250ミリ。10日午前0時までに予想される雨量は東北、関東甲信、東海で100~200ミリ、伊豆諸島で50~100ミリという。

 JR東海は、東海道新幹線について、8日午後6時以降の上下線で、運行本数を減らす方針を固めた。東京―三島間は同日午後10時以降、運転を見合わせる。